Home > 財団について > 財団概要
 

財団概要

基本理念

地域包括ケアシステムへの最大の貢献を目指す

地域看護と家庭医療を中核とする医療・看護・介護・予防を融合し、有機的な連携を確立し、新たな「統合型生活医療」を、創造し普及する。

運営方針

創造 支援 啓発

1.自らが研究を行い、地域包括ケアシステム構築に資する新たな価値を創造します。

2.医療・看護・介護の現場で活躍されている方々の活動を支援します。

3.高齢者・ご家族の安心した将来の生活環境を構築するための地域包括ケアシステムにおける新たな価値の啓発に取り組みます。

 

事業内容

一般財団法人オレンジクロスは、「統合型生活医療(日本版プライマリ・ケアの創造)」、「医療・看護・介護への貢献」を推進するために、研究開発部門・啓発部門の2つの部門を通じて、主に下記の事業に取り組んでいきます。

研究開発部門

1.ソーシャル・コミュニティ・ナーシング研究会
2.家庭医療・老年医療研究会
3.統合ケアマネジメントに向けた実例検討会
4.地域包括ケアステーション実証開発プロジェクト

啓発部門

1.研究支援
2.看護・介護エピソードコンテスト

 


一般財団法人オレンジクロス
03-6228-7216
メールでのお問い合わせ
一般財団法人オレンジクロスは、地域包括ケアシステムへの
最大の貢献を目指す。
Copyright© 2014 – ‘2018’ 一般財団法人オレンジクロス All Rights Reserved.